カテゴリー
お知らせ

紺綬褒章を受賞しました

昨年5月に作品を寄贈したことにより、妻の溝口和に紺綬褒章が授与されました。紺綬褒章は、公益のため国や地方公共団体、認定公共団体に多額の私財を寄付した個人、団体に贈られる褒章のひとつ。5月に館山市への作品5点の寄贈に対し、賞状と褒賞が、つづいて6月には鋸南町への13点の寄贈に対し、賞状、飾版、および木杯一組台付が授与されました。

「今回の褒賞は、本来は夫がもらうはずだったと思っています。夫は大好きな房総の風景を描き続けてきました。今回、皆さまに認めていただき、とてもうれしく思います」(和)。

左は館山市金丸市長
左は鋸南町白石町長
カテゴリー
お知らせ

作品を入れ替えました

立秋を過ぎて暦は秋となりましたが、まだまだ猛暑が続きます。溝口七生オンラインミュージアムでは、海、樹、そして里山のページで、一足先に秋を描いた作品に入れ替えてみました。お立ち寄りいただければ幸いです。

カテゴリー
お知らせ

東武船橋にて「京葉銀行カレンダー作家展」開催中です

本日より7月11日(日)まで、東武百貨店船橋店にて、「京葉銀行カレンダー作家展」が開催されています。2004年に担当させていただいた父・溝口七生の作品は、今回カレンダー掲載作品「太海にて」ほか、小品5点を展示、うち3点は販売させていただきます。初日の本日、母、妹の暁美とともに、オープニングセレモニーに参加させていただきました。お近くにお住まいの方、お買い物のついでにお出かけいただければ幸いです。

カテゴリー
お知らせ

東武船橋「京葉銀行カレンダー画家展」に出品されます

2021年7月6日(火)から11日(日)まで、東武百貨店船橋店にて「京葉銀行カレンダー画家展」が開催され、これまでに採用された作家の作品が展示・販売されます。溝口は2004年のカレンダーを担当いたしました。
今回の展示会では、カレンダーに採用となった作品「太海にて」(M12号)を含む5点を展示、一部が販売される予定となっています。
幸い、緊急事態宣言も解除となる見込みです。千葉県北や都内近郊にお住まいのみなさまにもお運びいただければ幸いです。

カテゴリー
お知らせ

2021年カレンダーについてのお知らせ

昨年末に作成、配布・販売いたしましたカレンダー「Kazuo Mizoguchi Landscapes of Minamiboso 2021」におきまして、6月のカレンダーに誤りがございました。
ご購入くださったみなさま、愛用してくださっているみなさまにはご迷惑をおかけし、申し訳ございません。
6月のページについて、現在訂正したものを印刷しております。
お手持ちのカレンダーのページと差し替えてご利用いただけるよう、お送りいたしますので、郵送先をお知らせいただければと思います。
サイトのお問い合わせフォームをご利用いただくか、直接kaori@sabin.jpまでお知らせください。

カテゴリー
お知らせ

菱川師宣記念館にて寄贈作品3点が展示中です

現在、千葉県安房郡鋸南町の菱川師宣記念館にて、高橋規矩治郎作品展が開催中ですが、同時に溝口七生の作品3点も展示されています。

高橋規矩治郎:千葉県美術会会長、顧問を歴任し、千葉県の美術界を牽引し活躍。令和2年に90歳で他界。先日遺族より、日展や光風会展に出展された大作5点が鋸南町に寄贈されました。

同展示会は6月6日まで。

カテゴリー
お知らせ

安房美術展100周年記念展に展示されました

創立100周年を迎えた安房美術会の記念展の物故者作品展に、溝口の「重なり寄せる」(P12号)が出品されました。
1973年に出品を始めて以来、同会の副会長や顧問をつとめ、その活動、そしてこの100周年記念展の開催にむけて、精力を注いでいました。
同記念展は、11日(日)午後4時まで、南総文化ホールギャラリー(物故会員および顧問作品)および館山コミュニティセンター(現会員作品)にて開催されています。

先日の遺作展に後援をいただいたので、お礼の気持ちも込めてお花を送らせていただきました。
最終日。多くのお客様でにぎわっていました。
物故者として作品を展示していただきました。
会の年表には、溝口の名前もちらほら。まだ手書きで作成していた頃の作品目録も展示されていました。
カテゴリー
お知らせ

作品を入れ替えました

陽春から初夏の季節を感じられる作品を中心に選んでみました。限りある作品ですが、並べ替えることで、皆さんに新鮮にごらんいただければと思っています。

カテゴリー
お知らせ

遺作展終了いたしました

11日間の会期を終え、3月23日(火)、無事に溝口七生遺作展を終了いたしました。
初期作品から晩年の作品まで42点を展示した会場には、おかげさまで、800名を超えるお客様においでいただきました。
会場にお運びいただいた皆様はもちろん、後援をいただいた地元市町、教育委員会、各美術団体、そして企画運営に携わってくださった遺作展実行委員会のメンバーおよびボランティアの皆様に、心より感謝申し上げます。

カテゴリー
お知らせ

遺作展の模様をスライドショーにしました