Kazuo Mizoguchi のすべての投稿

溝口七生 油絵展 7/29~8/4

◆ 会 期 2015年7月29日(水)~8月4日(火)
◆ 会 場 小田急百貨店・町田店 7階・美術サロン
◇ 「南房総の自然・海のロマンを描く」というサブタイトルです。
  これまでは南房総風景中心でしたが、海のロマンシリーズとして取り組んでいる「海の記憶」「砂の記憶」「海の貴石譜」など、貝殻や砂地をモチーフとした作品も5~7点出品する予定です。それを含めて、約30点を展示する予定です。

溝口七生 油絵展 5/10~5/23

◆ 会 期 2015年5月10日(日)~23日(土)
◆ 会 場 アートスペース “風” (南房総市千倉町大川 970-1)
◇ “風”では、6年ぶりの個展となります。
  南房総の自然を描いた作品を中心に、30号以下の小品、約40点を出品予定です。

近況報告

 ご無沙汰しました。
 新年のご挨拶をと思っているうちに、2月の半ばになってしまいました。

 1月10日(日)「鋸南町絵画同好会」の総会・新年会があり、そこで、昨年の反省と今年の抱負を発表しました。それを要約してご紹介します。

< 昨年のまとめ・反省 >
 自分の絵を描くこと以外のことが忙しすぎました。毎年恒例の出品展覧会のほかに、「館山の絵を描くコンクール展(審査員)」「青木繁<海の幸>オマージュ展(館山美術会からの協力の責任者)」「町田小田急個展」「平和を願う美術展(事務局長)」「安房・平和のための美術展(実行委員)」「館山美術会(役員)」「鋸南町絵画同好会(講師)」等々に追われ続けました。
< 今年の目標・抱負 >
 自分の絵を描く時間をできるだけ多くとって、よりいい絵を描くことに頑張りたいと思っています。しかし、今年も、恒例の「町田小田急」での個展(7~8月)のほかに、千倉町の「アートスペース“風”」での個展(5月)、白浜町の「白浜海洋美術館」での個展(11月)も決まっていますので、やはり忙しい年になりそうです。健康に留意しながら頑張っていきたいと思っています。

 早くも、1月中に2つ、2月に1つの展覧会に出品しました。簡単にご報告します。

< 第4回・九条美術展 >
 1月11日(日)~17日、上野の東京都美術館で開催されました。
 野見山暁治、窪島誠一郎、などが発起人となって5年前に発足した「九条美術の会」が主催する展覧会で、昨年までは埼玉の浦和で開催されていましたが、今年は都美術館での開催となったので、参加することにしました。著名な画家や評論家たちも多数参加して、約3百名くらいの出品があり、盛大でした。私は「2013.5. 富岡駅(20号)」を出品しました。

< 2015年・一月会展 >
 1月15日~20日、千葉市の「画廊 ジュライ」で開催されました。
 「平和を願う千葉県美術家の会」の仲間10名による恒例のグループ展です。18日(日)には、同会場で、平和を願う千葉県美術家の会の企画部主催の研修会(作品研究会)が開かれ、盛り上がりました。私は「棚田・秋(15号)」「畦の柿(10号)」「耕して(8号)」の鴨川市の大山千枚田をモチーフにした3点を出品しました。

< 鋸南町絵画同好会作品展 >
 2月1日~14日、鋸南町中央公民館ロビーで開催されました。これも恒例の発表会です。
 同好会会員と講師の私の14名・29点の出品でした。私は「岩場に寄せる(22×55)」「凛(16×46)」「砂の記憶(20×40)」の特寸の作品3点を出品しました。

準備中のこと

<小田急百貨店・町田店での個展>
 昨年の個展終了時に「来年も……」という約束があったので、そのつもりで、制作を続けていました。ところが、4月に、担当していた美術商の方が急逝され、開催が危ぶまれる状態となりましたが、デパート側が代りの美術商を紹介してくれ、昨年よりも2週間遅い開催が決まりました。6月現在、出品予定作はほぼ完成している状態です。昨年迄よりも多くの方に観て頂けるよう準備を進めています。

<青木繁「海の幸」オマージュ展>
 私が長いこと委員を務めていた光陽会の創立者・多々羅義雄は青年時代、九州久留米で青木繁の指導を受けていたと聞いていたこともあり、青木繁には関心を持っていましたが、代表作「海の幸」を制作した布良の小谷家を保存する活動(布良の地元の人たちや文化遺産フォーラムの人たちによる)に参加するようになり、より身近な存在となっていました。5年前からは、東京で、青木繁の芸大の後輩たち(現在の日本美術界の中心的な人たちを多く含む)美術関係者が『NPO法人青木繁「海の幸」会』を結成し、小谷家の保存・修復・記念館としての公開を目指す活動が始まり、その資金集めのため日本各地で『青木繁「海の幸」オマージュ展・チャリティー展』を開催してきました。私も「海の幸」会に入会し、一昨年の第2回展・館山展に出品しました。今年も、京都、東京、館山、福岡などで開催されることになり、8月の館山展には館山美術会も協賛することになりました。私は、主催団体 『NPO法人青木繁「海の幸」会』、協賛団体『館山美術会』、協力団体『青木繁《海の幸》誕生の家と記念碑を保存する会』の3団体の会員であることから、館山展の第2会場「館山市コミュニティーセンター展」の準備係を担当することとなり、頑張っています。

 今後の「オマージュ展」の予定は、
◆ 東京展・銀座「永井画廊」7月18日(金)~8月1日(金)
◆ 館山展・「渚の博物館」8月5日(火)~31日(日)
  同・「コミュニティーセンター」8月5日(火)~24日(日)
 (この展、私が展示責任者で、出品もします。Events欄参照)
◆ 福岡展・福岡市「MIZOE ART GALLERY」
 9月6日(土)~21日(日)
◆ 田園調布展・大田区「MIZOE ART GALLERY」
 12月6日~21日(日

経過報告

10ヶ月も御無沙汰してしまいました。
その間、相変わらずの忙しさでした。

<昨年中の主な活動>

  • 鋸南町での”頼朝祭”に協力して、お酒のラベル用の絵を制作。
  • (出品した展覧会)安房の平和展、鋸南絵画同好会展、鋸南町文化祭展、館山市文化祭展、千葉の平和展、など。
  • 町主催の「見返り美人絵画コンクール(小中学生)」の審査担当。
  • 安房と千葉の平和展の実行委員会、館山美術会役員会、絵画同好会研究会・写生会、平和を願う美術家の会の研修会、などの活動。
  • 九条の会(2団体)、年金者組合、安房文化遺産フォーラム、小谷家を保存する会、などへの参加・協力活動
  • 同人雑誌「忍冬44号」の編集と発行。

<今年になってからも……>

  • (出品した展覧会)絵画同好会展、館山美術会春季展、たてやまを描く絵画展、三美会展、など。
  • 「27回地展・たてやまを描く絵画展」の審査員を務める。
  • 金谷美術館周年行事、中原淳一ひまわり忌、「海の幸」会総会、年金者組合の会合、高校の各種OB会、などへの参加。
  • 『青木繁「海の幸」オマージュ展』(館山展)の準備活動
  • 上記*印の活動の継続、「忍冬45号」の編集・発行