近況報告

 ご無沙汰しました。
 新年のご挨拶をと思っているうちに、2月の半ばになってしまいました。

 1月10日(日)「鋸南町絵画同好会」の総会・新年会があり、そこで、昨年の反省と今年の抱負を発表しました。それを要約してご紹介します。

< 昨年のまとめ・反省 >
 自分の絵を描くこと以外のことが忙しすぎました。毎年恒例の出品展覧会のほかに、「館山の絵を描くコンクール展(審査員)」「青木繁<海の幸>オマージュ展(館山美術会からの協力の責任者)」「町田小田急個展」「平和を願う美術展(事務局長)」「安房・平和のための美術展(実行委員)」「館山美術会(役員)」「鋸南町絵画同好会(講師)」等々に追われ続けました。
< 今年の目標・抱負 >
 自分の絵を描く時間をできるだけ多くとって、よりいい絵を描くことに頑張りたいと思っています。しかし、今年も、恒例の「町田小田急」での個展(7~8月)のほかに、千倉町の「アートスペース“風”」での個展(5月)、白浜町の「白浜海洋美術館」での個展(11月)も決まっていますので、やはり忙しい年になりそうです。健康に留意しながら頑張っていきたいと思っています。

 早くも、1月中に2つ、2月に1つの展覧会に出品しました。簡単にご報告します。

< 第4回・九条美術展 >
 1月11日(日)~17日、上野の東京都美術館で開催されました。
 野見山暁治、窪島誠一郎、などが発起人となって5年前に発足した「九条美術の会」が主催する展覧会で、昨年までは埼玉の浦和で開催されていましたが、今年は都美術館での開催となったので、参加することにしました。著名な画家や評論家たちも多数参加して、約3百名くらいの出品があり、盛大でした。私は「2013.5. 富岡駅(20号)」を出品しました。

< 2015年・一月会展 >
 1月15日~20日、千葉市の「画廊 ジュライ」で開催されました。
 「平和を願う千葉県美術家の会」の仲間10名による恒例のグループ展です。18日(日)には、同会場で、平和を願う千葉県美術家の会の企画部主催の研修会(作品研究会)が開かれ、盛り上がりました。私は「棚田・秋(15号)」「畦の柿(10号)」「耕して(8号)」の鴨川市の大山千枚田をモチーフにした3点を出品しました。

< 鋸南町絵画同好会作品展 >
 2月1日~14日、鋸南町中央公民館ロビーで開催されました。これも恒例の発表会です。
 同好会会員と講師の私の14名・29点の出品でした。私は「岩場に寄せる(22×55)」「凛(16×46)」「砂の記憶(20×40)」の特寸の作品3点を出品しました。